中央大学通信教育課程卒業できました!

5年近くかかりましたが、中央大学の通信教育課程を卒業することができました。
元々、サラリーマン歴30年、そのうち銀行で21年ほか管理部門等で10年と過ごしてきて、実務の上での勉強してきましたが、法的観点から自分のやってきた取引の意義あるいは背景を体系的に知りたいと思ったことがきっかけです。
2000字程度の課題に対するレポートを約80課題しかも手書きで提出しました。そして科目ごとの試験とクリアして、なんとか卒業の要件を満たすことができました。レポートでは論文の形式をなしていなかかったり、論点をはずしてしまったりと何度も不合格のE判定をもらい、再度トライです。ましてや、我が家には自分の勉強する机も居場所もないことから、早朝のコーヒーショップと休日の図書館へと通いました。さらに、3年前より親二人が寝たきりで介護せねばならず、親と同居の弟は統合失調症で協力も期待できない状況、仕事も経営企画部長で風当たりも強く辛さ満載でした。良くやってきたなと、自分でも思います。でも、法律の純粋な論理の世界は、日常の辛さを忘れさせてくれ気分転換にもなったことは事実です。また、この課程を通じて、論理的思考・法律論文の書き方等も修得できたことは大変に意義あるものでした。今後、転職するわけでもなく、法科大学院へ行くわけではありませんが、法律の勉強は時事を材料に自分なりに掘り下げて理解し、また発信できる場があればプレゼンしていく所存です。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック