再読『法と社会-新しい法学入門』碧海純一先生

高校3年の時に倫社・政経の先生から良い本だから読みなさいといわれたのが東京大学の碧海純一教授の『法と社会-新しい法学入門』(中公新書)でした。高校高学年から大学教養課程の初学者向けの本でしたが難しかった。しかし、おじさんになった今読み返しているとローマ法の継受・伝播や自然法、概念法学論や自由法論、道徳と法の関係や現代社会との係わりと非常に良い本と感じました。


法と社会―新しい法学入門 (中公新書 (125))
中央公論新社
碧海 純一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック