混迷するBrexit

Brexitである英国のEU離脱問題は混迷を極めている。今月3月29日が離脱の期日であるものの、離脱後の関係について合意ができておらず。メイ首相の修正案も否決されるなか、「合意なき離脱」もありうるかと思いきや期限延長案が可決され、期限延長交渉に入った。特に、英国領である北アイルランド州とアイルランドとの国境問題で合意がなされていない。EU側は英国に対しては寛容な態度をとっており、EU加盟時と同様の移動の自由・関税の当面の撤廃を提案しているものの、英国の離脱強硬派はEUの支配下に置かれることを懸念し、EU案に反対を続けている。この問題は、一見我が国からすれば「対岸の火事」というか他人事に感じているところもあるかと思う。しかし、「合意なき離脱」が起きた場合は、英国のみならず我が国を含んだ世界経済に打撃を与えるとしている。地球の裏側の問題ではあるものの、注視すべき問題である。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック